2004年02月08日

大谷焼の

手水鉢を選びに、いつもの森陶器に出かけた。

トルコブルーの釉薬のかかった、直径が最小で
一尺から数種類ある、すり鉢形状の美しい鉢。

焼成時の釉薬の流れ方、とどまり方、たまり方で、
ひとつひとつ全部色も模様も違います。

本来の、睡蓮を浮かべる使い方とは違うけど、
排水金物をつけて、手洗いのボールとして
良く使います。

中央通のブティック「コシモ」、
鳴門の「すし・和食 永代」のトイレで見れます。

今日選んだのは、今月高松でオープン予定の
カフェ レストラン CONCHの分。

徳島の店では、食器としても、少しでも
大谷焼使ってほしいなあ。

040208
登り窯。今は中で水琴窟が聞けます。




posted by uch at 18:06| ☀ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。