2004年07月17日

名張まで

大阪の日向建設が建てた家を
見せてもらいに行ってきた。

長く大阪でゼネコンを経営していて
鉄筋コンクリートと重量鉄骨の建物しか
したことが無かった社長、震災を機に
木造住宅に目覚めました。

大工さんは、みんな社員。
毎年新卒を鹿児島の訓練校からつれてくる。
「大工をちゃんとしてやらないと現場なんて
うまくいかへん。大工が最高の営業マンや」
が口癖。

この名張の家の棟梁は二十歳です。

0407162
日向建設は基本的に鹿児島の杉を使っています。
0407163
建主が倉庫にしまっていた屋久杉を
板にしたもの。錦織のようです。
0407161
壁は屋久杉、カウンターは楠、鉢は信楽焼!
0407164
高さ7mの欅が植わる予定の庭。
「隣との塀には水をながすんや!」
と、井戸も掘ってあります。

感心したのは風通しのよさ。
「客間以外はクーラーつけたらあかんで!」
社長の言うことを聞いてつけずにいる建主もすごい。
このクソ暑い日に涼しくて気持ちいいんですから
当然ですが。



posted by uch at 08:43| ☁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。