2004年11月03日

「博士の愛した数式」が

映画化されるらしい。

博士役は寺尾聡・・・。

具体的イメージに結びつきにくい抽象性が自分や
友人Yにとっては魅力だったので、複雑やなあ。

北欧あたりとかで映画化してもらって、博士役は彫刻的な
日本人離れした(?)人たちにやってもらうほうが
原作どおりのイメージになったりして。
家は湖畔でいつも霧がたちこめていて。
いっそ江夏がらみのエピソードは抜きにして。

日本人なら寺尾聡よりも・・・
慈しみの目をした宇野重吉ちゃうかいななあ。
あ、亡くなってるか。
しかも親子やし。


posted by uch at 08:19| ☁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。