2005年05月28日

その勉強会で

の話。

新しく開発された宅地に住み始めた人たちは
その土地の特性を知らない。

雨戸を閉めて台風をやり過ごそうとするだけで、
昔からその地域にいる人たちが雨戸を叩いて
「水が来る!」と伝えようとしても聞こえない。

結局電話で伝えたが・・。


もうひとつ。

地域の排水施設が整備されて忘れてしまっているが
徳島はどこもかしこも台風が来たら水がでていた。

地震で施設にトラブルが起きたら、昔の状態に戻る。


もひとつ。

防災の基本は、「愛する人を守る」こと。
意識を高めて「知っておく」だけでも
多くの人命が守られる。


posted by uch at 06:57| ☁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。