2005年09月27日

先日の

台風で、数十メートル離れた小屋のトタン屋根が
丸ごとめくれて飛んできた!

が、この丘の一段下の敷地の栗の木に引っかかって
あやうく難を逃れた。

「風待ちの丘」のお施主さんたち、その栗の木の足元に
「ワンカップ」を供えて日々感謝している。

その「ご神木」に・・

050927.JPG
土足で上がるな栗食うな!


posted by uch at 18:16| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知の

津波被害が予想される地域の、いわば最前線に建つ
鉄骨住宅の大リフォーム工事が着工した。

1階駐車・2階リビング+寝室・3階個室だったのを
1階リビング+寝室・2階個室に変更する計画。

地盤も上げるので2階床が低くなりすぎるため、
基礎と鉄骨柱の根元だけ残して上を全く建替える。

「津波が来たら、まず命を守って、引いてから避難を始める」

という考え方で、1階の柱は津波の衝撃に絶えるよう
鉄筋コンクリートで包み、水位が上がっている間の退避場所として
小さな屋上部分を設ける。

そのうち、久しぶりに新しい「at the site」はじめます。
posted by uch at 07:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。