2005年12月09日

初めての

集合写真。

051209.JPG
右からH、M3、M、U。

コトコトにて「来年はがんばらん会!」

ちょっと事務所にそれぞれ製図板復活して
普段から手でも描いとかんとあかんな。

今回の事件で建築士制度や試験の形態も今後
大きく変わるだろうとは思うけど、

手でちゃっちゃと描けんかったら現場での打合せ
どないする?パソコンもっていけんぞー。


posted by uch at 09:25| ☁| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

よく晴れた

「風待ちの丘」の「ご神木」

こういう冬の木を見ると、

051208.JPG
いつも「脳みそ」を連想する。

posted by uch at 07:50| ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

明日

震災復旧のための震災建築物の被災度区分判定基準及び
復旧技術指針講習会

という講習を受ける。

申し込んだときには想像もできなかった
今のこの状況。

基本的にはちゃんとした建物で街はできているという
前提で、被災したときに設計者としてさまざまに活動
するための指針を了解しておくための講習のはず。

当たり前の前提が崩れかけているというか、既に一部
崩れていたということで、なんとも気持ちの整理が
つきにくい。

旅行中にユーゴスラビアにいて、いるうちに湾岸戦争が
はじまって、スコピエ大学の建築や美術系の先生、学生と
話しながら、

「戦争始まったら建築という仕事は成り立たない」
「始まってしまったその現場では、音楽も美術も力を持たない」

と、無力感に浸らざるを得なかったのを思い出す。



posted by uch at 18:39| ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。