2006年06月23日

近所の

知り合いのところに短期ホームステイ中のサム君。
ニューヨークからやってきた。

世界に10もの事業所を持つ巨大設計事務所の
ディレクターを父に持ち、お母さんも有名な
キュレーター。彼はドラマー。アートな家族やなあ・・

彼も将来は建築家を目指してるってことで、
彼のお父さんのPerkins Eastmanには比べるべくも無いけど
わがオフィス(というより庵な感じかな)にご招待!

雑然としてモデルに埋まったような事務所にも
「居心地いいよ!」「オーこれすごいなー」とか
気を使ってくれるほんま賢いサム。

自分のバンドのウエブサイトをつくってて、

060623.JPG
みんなで見せてもらいながらオリジナル曲を聴く。

なんかアメリカンなリアクションしてるのはHか?

早くからいろんな国に行っていろんな経験しまくる15歳。
こういうの、やっぱり仕事に生きるよなあ。

そういう環境に生まれてくる強運にめぐまれた彼、
そのまま全身でグングン大きくなって欲しいなー!!




posted by uch at 08:01| ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

高知県庁の

いろんな部署で事前打合せ。
「あつい」なー高知の役所の人たち。

ヒト対ヒト、向かい合うと真ん中へンに
見えない線が出来る気がするけど、その
境界線が中央よりこちら側な感じ。

というか、その線から身を乗り出して話を聞いてくれる。
駐車場のおっちゃんも含め。

長谷寺の祐信さんの表現を借りれば「ラテン度」高し。

お盆に一年分集中して「ラテン」するからかなあ
普段の徳島はクールなヒトが多いよなあ。
ラテン人(びと)いないわけじゃないけどね。

県庁6階から階段で降りる。

060622.JPG0606222.JPG
そうじゃ階段は「安心感」だった。部材の大きさの感覚震わされました。
posted by uch at 07:56| 🌁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

三好で

中山棟梁に連れられて
「古色の家」の柱をみに製材所へ。

06062132.JPG
天然乾燥材と・・・

0606241IMG0888.JPG
人工乾燥材。

われが少なく材が暴れないので人工乾燥材が重宝されますが
一気に水分を抜いてあるのでねばりもなくなって仕口部分では
もろいという面もあります。

天乾は、思わずさすりたくなるようなみずみずしい色ですが、
人乾はもうかさかさで疲れきったような感じ。

天乾派です。
posted by uch at 05:44| 🌁| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。