2006年08月31日

倉敷なら

酒房「八重」です。

「ここいけるんちゃう?」と、
勘で入ったんやけど、うれしい大当たり。



刺身盛り合わせからが・・

0608312.JPG

まながつお、すずき、たい・・・中でも、
食べごろの桃をきれいにカットしたかのような「まながつお」。
ピンク色の「まながつお」。
口でとろける「まながつお」。


おもわず「冷酒ありますかー?」で出てきたのが

0608311.JPG
「荒走り」

透明でふっくらしたデザインの瓶が、
「んまさ」引き立ててます。このラベルの
色もえよなあ。



それから、「えーとあとは・・」
「生揚げおいしいですよー」

0608313.JPG

しょうゆとしょうがで熱々をいただく。
「んまーーー!!!」


ご夫婦ともう一人の職人さんの三人で、お客さん一杯で、
ようこんなにテキパキスピーディにまわせるなあ。

0608314.JPG
この方々。

ほんで、こちらの気持ちをわかって次々と「いい気持ち」
にさせてくれる「的確な」料理、酒、いろいろな取り回し。
ご主人も「さっ」とカウンターから出て配膳もする。
子どもの相手もニコニコしてくださる。


いやー、倉敷行ったら「八重」ですよみなさん。
美観地区の入口あたりです。




posted by uch at 07:59| 🌁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

倉敷。

「妻入り」の町並みは、わが徳島の脇町や
撫養街道など「平入り」を見慣れた目には
どちらかというと落ち着かない。



ただ、妻入りだけに隣戸間いろんなとこに隙間があって
そこを生かしたエントランスや単なる「ずれ」が
ミョウに面白い。

0608286.JPG
0608283.JPG
0608282.JPG


三彩風の釉薬のかかった瓦と、橙色系の土壁が夕日に染まる

0608281.JPG

「有隣荘」
白壁と瓦のモノトーンな町並みの中にあって、
橙+緑のきらめきがたまらなくゴージャス。



きれいにタテヨコ同じピッチで打たれた塀の角釘。

0608284.JPG

最上段のサビが流れ、二段目とひとつになって黒い筋が
太くなって、三段目がまた・・と、サビの流れによる
グラデーションのついたストライプが「美しい」



「美観地区」に足を踏み入れた瞬間、
ぶあさぶあさとゆっくり羽ばたいて「スタッ」と
酒屋のパラペットにとまった


0608285.JPG

おおおーきな鳥(なんでしょう?)

おたのしみ(?)酒肴画像は明日・・
posted by uch at 08:22| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

一泊二日

打合せの旅in高知

疲れ果てて帰って、うれしや

0608271.jpg
「ファミリー両国」の刺身とかまあげ。

こうなるともう(なにが?)、
「まずビール!」の季節はおわったなあ・・・と、
いただきものの「芳水」を引っ張り出す。
氷は入れてしまいますが・・・

うまい酒?まずは「芳水」と答えるなあ。
それとあんまり店で売ってないけど「入鶴」。
徳島の東西の雄っすね。私的に。

しかし・・もちろん「大吟醸」やら「純米酒」やらがうまいのは
わかるけど、いっちゃん普通の「上撰」とかHPに載せてないのねどちらも。
わいとしてはその普通に「んまい」のが好きなのでちょっと不満。

とはいえ、(なにが?)
この、ハマチの切り身の端の「くるっ!」が、その「んまさ」を
表現してるよなあ。画像全体に勢い与えてますわ。


posted by uch at 06:28| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。