2006年12月16日

もういっそ

これに決めようか思い切って・・




















061216ジャガー.JPG

じゃぐわー・・・




や言うたりして・・・




元車業界にいた友人kが
「ええもんも見ときよー」と連れ出してくれて試乗。

「やっぱり乗ってみなわからんけんな
デザインも乗り心地もメーカーで全然ちゃうけん」

なるほど。これの前に試乗したシトロエンのC4は
いかにもフランス車。野々瀬ルノーに通ずる「洒落た」
デザインが随所にあった。

このじゃぐわーは、
「そうそうクルマってむかしからこんなデザインやな」
というオーソドックスに徹しつつ、この、そこはかとない
品のよさ。紳士の乗り物って感じです。

ドイツ車の質実剛健感とやはり違う。



「ええもんしたかったらええもんみとけ」
ええこというなあk。ありがとさんです。

クルマは哲学でもあるな。こういうええのん体験すると。
さていよいよ混沌か・・・・?

でもなんか目からうろこ感がちょっとある今日でした。




posted by uch at 17:03| ☁| Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何回か

ゴルフ再生を願う→やはり日本車?→でもやっぱりVW関係?
はたまた動く内野設計?
と、順繰り順繰り思いをめぐらせて疲れてきたけど・・

クルマ問題は奥が深い。

結局どんなクルマに乗るかで自分がアラワになるという
恐怖心がどこかにあるなあ。

「子は親の鏡」で、「玄関見たらそこの家庭が分かる」とか
「電話の応対で会社が分かる」とか、そんなかんじの

「クルマで人がわかる」のではないか?という気持ち。

何周かクルマ選びの思考堂々巡りをしていると、
「たっすい、たかがクルマで・・・」に到達して
達観したような気持ちになる。

んやけどまたゴルフ再生願望に戻って周回がはじまる。

気持ちの基準にするのが、自分が「すごいよなこの人」
と思っている方々がどんなクルマに乗っているかなんやけど、

「尊敬する同業者」はけっこう無頓着だったり
無頓着をふるまっていたり。「そうよな、どうでもいいよな」
と思っていたら、一番無頓着と思っていたN先生、ある日いきなり
アウディの新車に乗り始めて、「やっぱりええもん好きなンや・・」
「そうだろ?」と、いままでの思いが全部白紙に戻ったりする。

あのサムライは「こんなん乗ってるのオレぐらいや!」言うてるし。

昨日は中山棟梁、「ハイエース買うてカスタムカーつくる?」
言うてくれて、「それそれー!!」ところっとかわって。

しかし、モノにこだわることってかなり病気の分野ですね。
しかし、こだわったものをつくりだしたい仕事をしているわけですから
人間そのものが病気か?自分は?

クルマ問題、楽しめるなあぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・

このお悩み期間、家人のタウンエースで高知も行くし普段も乗り回して、
「ま、仮のクルマやから」で済ませていられるというのも
わけ分からんよな。

この後、いろんな人がいろいろ投げ込んでくれる小石や岩がつくる
波紋が全部消えて、すっかり落ち着いた自分が
どういう結論出すのか・・・      
楽しみ。










posted by uch at 09:13| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。