2007年01月26日

佐古の山裾に

木々に浮かんだ「本の読める喫茶店」が出来る。
名前は「○○○文庫」。来年ですが。

いいろいろ現地を見ていると、




070126.JPG

こんな風に鉄製の脚立が。

造園家のお父さんが、既製品の金属製脚立がない時代に

「設計してな、鉄工所でつくってもうたんじゃ。」
「丸パイプでしたら足の裏が痛あてな、二つ目は
 角にしてもうたんじゃ。」

確かに上のは丸で下のは角パイプです。


「栗拾いにな、山上がっていくんにおいたぁるんよ」


・・窓から栗の実をつかめるようにしましょうか。
・・・・軍手がいるな。


posted by uch at 13:01| ☔| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

学生時代は

風呂無しの文化住宅で、近所に住むよその大学の友達も
部屋に風呂がある奴はおらんかった。

季節感あったなあ行き帰り。

最近末っ子が銭湯にいきたがる。
去年、「銭湯の入り方の一部始終」を
手取り足取り教えて以来なおさら。

家ではろくに体洗わんくせに銭湯に行くと「ごしごし」
洗う。タオルもちゃんとゆすぐ。何かと人に迷惑になら
んように気をつける。体は一度タオルで拭いてから出る。
いろんな年代の人の裸や振る舞いを見る。一言でも触れ
合ったりする。帰りにジュース飲む(おまけ)。

070125暖簾.jpg070125ロッカー.jpg
070125体重計.jpg070125下足箱.jpg

いろんなこと知る銭湯、文化やな。

熱湯と水のバルブ両手で「きゅっきゅっ」と、
おー使いこなせるようになってきたでないか!



posted by uch at 08:47| ☔| Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

全部で

二十室もありました。
徳島北方のお寺の庫裏の実測。

感心したのは、そこここにそっと活けられた花。

ではブログ上美術館(笑・・・

070123花2.JPG
070123花3.JPG
070123花5.JPG
070123花4.JPG
070123花.JPG


それから、


070123畳.JPG

普通の障子やけど、ええんよな無人の本堂




070123欄間.JPG

これを見ればどこのお寺か分かる?
銀杏ですね。



もう一つ、主の部屋の入口の左右に掲げられた
雨宮冗快さんのきり絵(部分)、仁王でも狛犬でもなく、

070123左.JPG070123右.JPG

遊ぶ坊主に宴会坊主・・・
・・・さあ、計画はじめよや!

posted by uch at 08:01| ☁| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。