2007年02月28日

さて午後一番は

李朝喫茶 李青

ここで韓国茶をいただく。
しょうが茶。は、生姜湯でした。底にしょうがスライスが。
食べ過ぎの胃にはやさしかったです。

一番詳しくお茶のことのってたのがココ
下のほうに店の紹介とともにあります。

留学生の方なんかがいて、自然にやはり
朝鮮らしくなっている感じです。調度品や書籍も
そういうものが中心。「ええやんかー」思ったのが



070228朝鮮張.JPG

床。朝鮮張というそうです。
こんなふうに短尺ものを方向を変えながら張っていく。
「床に意識がある」というのが新鮮。



次の店・・・
に行く前に、ちょっと胃を休めなければ・・
通りがかった町屋の醸造所博物館をのぞくことに。

キンシ正宗 堀野記念館



070228桃の井.JPG

飲んでみるとまったく味がしない「桃の井」の水
京都はむかし水底だったんやって。



070228鶴亀.JPG

庭園の「鶴亀の石組」
下の小さな石が亀の頭だそうです。



070228引手.JPG

引き手が低い。和装の女性がひざをついて開けるために。



070228イラスト1.JPG

なんか広告用のイラスト?
シンプルな線でなんかええ感じです。



070228イラスト2.JPG

橙誠寺の狸いわく、
「酒の長はキンシ正宗、何ともいえぬ舌触り朗らかな酔い心地」

さて次はそろそろメインの店か。





posted by uch at 08:25| ☁| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

お昼は

銀閣寺近く、「名代おめん

隣のおじいさん二人が、鯖寿司で熱燗やっている。
まよわず鯖寿司のセット。


070227鯖寿司.JPG

鯖寿司があるだけで「鯖寿司的しあわせ」な
空間と時間が香りとともにあらわれる(大げさか)・・・
昆布の風味がやっぱり京風(なんかな)。

酒飲みたいけど後がどうでもよくなりそうで我慢!





続いて「薬味です」
これが薬味ィ?



070227薬味.JPG

おかずですがな。





ほんで





070227うどん.JPG

うどん。

なるとうどん的細さやけど、ツユとよくからむあの
ざっくりした感じではなくツルツル。薬味(?)と
ゴマを大量に入れて一緒に食べる。んまいです!

「栄養のバランス最高です」とある。
確かに。まあしかし客が多いさすが京都。
おなか一杯でツアー午後の部へ(笑・・・


posted by uch at 08:10| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

京都大学の近く、

吉田山

ふもとから石段を上がりながら振り返ると、




070226茂庵0.JPG

飛行機雲の先に「大」の字。


落ち葉が敷き詰められた
山道をいくと現れる・・・




070226茂庵1.JPG

070226茂庵2.JPG

茂庵



2階にある客席は木々の上に「浮かぶ」。

360度大正ガラスの格子窓。
さっきの「大」の字や「舟形」も見えて、
木々越しに京都の全体が透けて見渡せる。

使い勝手を考えると厨房も上に上げて
壁を立ててとなるところを、360度のほうを
徹底的に生かしてます。潔いなあ。

見下ろすと


070226茂庵3.JPG

こんな。



で、


070226茂庵4.JPG

これです。



佐古に計画中の「○○文庫」のための見学ツアー。
現在京都在住のクライアントにお招きいただいて、
「眼福な一日」、ここからはじまりました。



posted by uch at 09:09| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。