2007年03月14日

徳島音楽界の重鎮

というても、「ここまできさくでええん?」といつも思う
春さんといろいろ話す機会があった。

 「パソコンのMとWってな、音楽関係のことでいうたら
 根本的に考え方が全然違うンよ。

 こう、曲作っていろんな音入れていってどんどん曲のデータ量
 が大きいになるだろ、ほしたらな、Wでは画面の表示やはきれ
 いままなんやけど音のほうがずれたりとんだりしだすんよ。

 ほれがMはな、画面はぐちゃぐちゃになりだすンやけどな、
 音は一切くるわん。」


ほーーー!!


 「プロ用のスピーカーもな、ちゃうんじょ。プロ用でないんは 調子悪なってボンってとんでもたらもう音出んけどな、プロが 使うやつはな、そのコンサートが終わるまで、火を吹こうが何 しようが音だけは出すンよ。音が出んようになるやいうことは 許されんのやけん。」 



ほおーーーーーーー!!



深い。あたりまえのことほどどこまでもあたりまえ。
ほなけどほれはほんまにごっつい大変なことやと思うけど。

 


posted by uch at 10:21| ☔| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。