2007年03月22日

堂浦は

吉祥寺。

内陣の天井の張替え相談。中山棟梁とともに。



070322下絵.JPG
葉牡丹です



070322絵.JPG
おお、美しい!下地の秋田杉も。
朱色の縁取りが入る予定です。



070322配置.JPG
全体配置図。

ここにこれを入れるからこっちのんはこうなるけん
えーと、あれとこれとで対にこう対峙して・・・とか
「抜き差しならない」ところまで詰めてある。

格天井の杉板は市松になるように板の目の方向を
互い違いに配置するので、いよいよ容易に入替える
こともできなくなってます。(UやCにみえるのが
その向き)



段取りしてくださった大工さんが亡くなられて
我々に完成依頼が来たわけですが、老大工さんの意図が
今となっては分からない部分があります。

格から言うと「折り上げ」たい。しかし、想定されている
90枚をびっしり使うと折り上げしろが足りない。
でも間引くことは上記の理由でほんまに難しい。

これは楽しい。



070322こんな感じで.JPG
左:中山棟梁
右:長谷寺住職 祐信さん(JIAの評議委員!)
右奥:画伯(題材の「生きてる」感描いてしまうすごい画伯)
その奥:画伯の姉メグさん








posted by uch at 07:04| ☁| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。