2007年04月09日

万年山のー

狸さん

070408大明神.JPG
070408立て札.JPG
万年山大明神の祠です。



万年山文庫裏山は蜂須賀家の墓所。
打合せに帰徳されたあるじ夫妻と散策していて
行き当たりました。

「毎朝お供え物せんとなあ」
小さいころからこのお山を庭として育った
万年山あるじの宣言。



070408障子.JPG
既存母屋の元玄関だった部屋、正面の障子。


枝葉の影がゆれる。


一本斜めに入っている組子は?

「いがみ直すんに入れとんよ。」
「障子はどないでもなるけんな。しよいんよ。」
と万年山のお父さん。

建具や障子が「手元」にあるんですねちゃんと。
本職呼ばなくても自分でメンテできていたわけです。




070408といれ窓.JPG
母屋トイレからの眺め。



窓に向かって座れるよう便器を配置。
万年山の四季を眺めながら・・

入口との関係から言うと逆向きやけど
当然のようにこちら向き。「ああ」と思う。




070408山.JPG


打合せがひととおり終わった万年山テラス(予定部分)から。


「この柿、切られると思て遠慮してここらへん芽出しとらん。」

「ほらわかるんじゃわよ。なんかおかしい思とんじゃわ。私が大好きだったほの隣の椿ちいさあに切ってしもてから。『あ、私もあぶない』いうて。もう花よう咲かさんわよこれ。」
「前にもね、私が楽しみに見よった椿切ってしもて、もう前みたいなかわいらしい花咲きませんもん。何十年経っても。」

「こないして樹伐ったり殺したりばっかりしようけんな、こないだも
神山の『樹魂碑』行てお参りしてきたんよ。」
駐車場で今度邪魔になる松もな、植えたんわしじゃけんな、
介錯も自分でしたったんじゃ。ほれが供養と思てな。」


万年山のお父さん(造園家)とお母さん(日本画家)の会話です。





posted by uch at 09:52| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。