2007年07月31日

三好の鮎を

もらったのに事務所の冷蔵庫に忘れていて、
久々の家での晩飯の今夜、いただく。

三好といえば番匠中山さんからですもちろん。

いやほんまに「いただく」という言葉が似合うよな。
清流をいただく、川のかほりをいただく、こいつと
いただく・・・え?日本酒が無い。


あたたたたたたたたたたたたたたたっ!


・・・気を取り直して鮎に取り組む。


1.jpg
全容を把握する。かなり太め。好みです(笑

2.jpg
骨と身を分離すべくみしっみしっと箸で押える。

3.jpg
裏返して反対側も忘れずにね。

4.jpg
ほんで尻尾のとこで背骨を切?

55.jpg
らずに頭のとこで切る。

尻尾で切って頭のほうへ引き抜くほうが簡単。
しかしワタが骨にくっついて身から取れ気味に!

5.jpg
なので尻尾のほうへ・・・

6.jpg
抵抗あるけど・・

8.jpg
切れないように・・・


9.jpg
抜けた!ほれ、骨にワタが付いてない。つまり中で
身に「からんだ」わけで・・・

10.jpg
やっぱりな。これですわ。鮎です。鮎。


うーん。んまい。んまいんやけど焼酎ではもひとつやな。
あー三好の「芳水」あったなら・・・

おんなし吉野川の水で育まれた鮎と酒。
さらに後にさっぱりーと「倭」のそうめんなどあったらもう、
言うことないなあ。


・・・えーと、やっぱり・・・

買ってこよ。せめて芳水(笑!











posted by uch at 00:00| ☔| Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

鹿児島時代の

弟子仲間から「くずきり」が届く。
京都の笹屋伊織と書いてある。



「くずきり」
求めて買って食べたことも押出したこともなく、
多分はじめての経験。






いきます。






0707301.JPG0707302.JPG

0707303.JPG0707304.JPG

0707305.JPG0707306.JPG




この形状だとやはり、ところてん=酢醤油が思い浮かんでいて、
黒蜜と分かっていても口にしたとたん「えっ?」となる。




0707307.JPG
押出し口はこないなってます。



沖縄産黒蜜が濃厚に甘い!脳に直撃します(笑。
黒蜜かけなくてもおいしい。

ともあれ、ありがとうアキラ!!





















posted by uch at 11:28| ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

鳴門の

長谷寺(ちょうこくじ)。

祐信さんのブログでその進捗状況は知ってましたが
測量がてら永代供養墓の現物を見せていただきました。



070728utena.JPG
「いちょうのうてな」

裏側に扉があって、半地下に入っていきます。



樹齢600年の境内の大銀杏、玄関の欄間には
巴組の銀杏の透かし彫り。

長谷寺の永代供養墓を銀杏の葉の形にするというのは
祐信さんの発想でしょうがこれはいいですよね。



恣意的なものは避けたい本能(?)がある設計者から見て
背骨の通った理由がデザインにあるというのはほんまに
「安心」できることです。意味不明かな。

その600年の大銀杏に見守られてきている長谷寺の
一部を設計するには、やっぱりほんま、今までの流れを
どないかしてつかみたいわけです。

ほんで測りまくって撮りまくって、立体モデルを
つくるわけですねー。どこかで着想の為の「イミ」や
「根拠」を見つけ出したいなと。


初現調から早一年がたとうとしてます。










posted by uch at 11:03| ☔| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする