2007年07月31日

三好の鮎を

もらったのに事務所の冷蔵庫に忘れていて、
久々の家での晩飯の今夜、いただく。

三好といえば番匠中山さんからですもちろん。

いやほんまに「いただく」という言葉が似合うよな。
清流をいただく、川のかほりをいただく、こいつと
いただく・・・え?日本酒が無い。


あたたたたたたたたたたたたたたたっ!


・・・気を取り直して鮎に取り組む。


1.jpg
全容を把握する。かなり太め。好みです(笑

2.jpg
骨と身を分離すべくみしっみしっと箸で押える。

3.jpg
裏返して反対側も忘れずにね。

4.jpg
ほんで尻尾のとこで背骨を切?

55.jpg
らずに頭のとこで切る。

尻尾で切って頭のほうへ引き抜くほうが簡単。
しかしワタが骨にくっついて身から取れ気味に!

5.jpg
なので尻尾のほうへ・・・

6.jpg
抵抗あるけど・・

8.jpg
切れないように・・・


9.jpg
抜けた!ほれ、骨にワタが付いてない。つまり中で
身に「からんだ」わけで・・・

10.jpg
やっぱりな。これですわ。鮎です。鮎。


うーん。んまい。んまいんやけど焼酎ではもひとつやな。
あー三好の「芳水」あったなら・・・

おんなし吉野川の水で育まれた鮎と酒。
さらに後にさっぱりーと「倭」のそうめんなどあったらもう、
言うことないなあ。


・・・えーと、やっぱり・・・

買ってこよ。せめて芳水(笑!













posted by uch at 00:00| ☔| Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。