2007年08月02日

現在の

070802.JPG
万年山のアプローチまわり。

このみっしりした感じ。考えようにも
思いつこうにも、日々の世話の中で
はぐくまれるこういう「庭」は、私なんかでは
到底つくり出せない世界ですねー。

作者(というか生活者?)である万年山の
お父さんが作りこんでいって下さるであろう
万年山文庫の周辺、わくわくします。
建築も喜ぶよな。


posted by uch at 07:42| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。