2007年10月22日

4日間の東京報告

初日、東京国際フォーラムでのJIA東京大会、
会場に入る前、東京駅行幸地下通路ギャラリーでの
「登録建築家展」に寄る。






行幸通り1.jpg
長大な地下通路に無数に並んだパネル。


通りかかる人が見てくれるといいんですが余りにも規模が
大きいしガラスケースの向こうやしどうなんでしょう?


もっとごちゃごちゃした活気ある場所もよかったのかも。
と思うのはこの格調高い雰囲気になじめない私だけ?




建築家という人種を知ってもらって資格制度の改革を
目指していこうという意味もある登録建築家制度ですが
自分で敷居引き上げているような気がします。

中央と地方のスタンス、認識の違いか?





行幸通り2.jpg
・・・並んだ自分のパネルを見るとうれしくはあります(笑
工事中の「LANDHUIS in Sakawa」


2008年UIAトリノ大会にも展示されるそうで、
どういう形になるのか気になるところ。


1人でも「おっ?」と立ち止まってくれたら。





posted by uch at 07:39| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。