2007年11月08日

忘れてました。

前回の試食報告。





071108おたべ.jpg
まずおみやげの「おたべ」

この黒いのは黒ゴマタイプです。香ばしい。
おたべってすごいな。「京都の香り」がする。









つづいて、


071108紅玉ケーキ.jpg
「もっちり紅玉ケーキ ver.2」(笑



りんごが増えて甘味も増して、ケーキ感(?)アップ!
するものの、ちょっと「普通のスイーツ」に傾いてしまって
「いい素材による素朴な万年山スイーツ」からはなれて
しまったかも・・・


それと、ちょっとひっかかる粉感。


これは・・・何をもって「合格、店に出す!」とするのか、
もちろん「いい味」にきまっとるけども、頭で考える方向性、
「コンセプト」も先に決め込んでいったほうがいいのかも。


「こういう味が万年山の味です」というような頭で考える味。


甘くしてしまわない。とか、いい意味での手作り感、いうたら、
「これでどや!」というような主張の強いストロングな味にしない。ちょっと足りない味のままで置いておく。とか。

やっぱりそこまで含めた統一感は要るような。

紅玉ケーキの味の目標ををどこにもっていくのか考えてみると・・


万年山に「有名店の完璧においしいケーキ」は合わないと
思うんですが。どうでしょうね。











posted by uch at 08:43| ☔| Comment(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。