2007年11月30日

解体の始まった

小松島の現場のまわり。

あきらかにもとはなんかの店だったようなつくりの家が、住宅に
なっているのが何軒か。「洋服さんだったんですよ」とかいろいろ。

帰りの道すがら、小学生の頃チェーンキー買いに行った
おぼえのある自転車やさんが、これまた店舗部分が住宅に
リフォームされているのを発見。

その当時、働き盛りだったおっちゃん、廃業したわけですね。
そら35年も前やけん当時40過ぎとしてももう80前かー。


以前母校津田小前の道を歩く機会があって、毎日通ってよく
文房具買った文房具屋さん、もうほとんど商品はなくて、パイプ
椅子とストーブで、おっちゃんおばちゃんがくつろいでました。


そういうのが目に付くということは、世代交代を見届けるくらい
自分がながいこと生きているということで、なつかしくもあり
はかなくもあり、いろいろな思いが交錯します。

商圏とか、行動範囲とか、スピードとか、余りに早くコロコロ
変わりすぎ。な気もする。


「続く」というのはそれだけですごいことですなあ。



posted by uch at 13:54| ☁| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。