2008年02月03日

おととし初めて

お会いして、今までいろいろ紆余曲折もありましたが・・・
「万年山文庫プロジェクト」


節分の今日、地鎮祭でした。


朝からマスター、番匠中山の中山さんたちと裏山で黒竹取り・・・










080203帰還.jpg
帰還!



080203祭場.jpg
この四隅の「斎竹」です。

祭場を結界する注連縄のための柱ですね。






080203記念撮影撮影.jpg
式のあとの記念撮影撮影。

左にマスターと文庫あるじ。私の横は
あるじのお姉さんです。仲のええ姉妹ですねー。








080203万年山のお父さんとお母さん.jpg
その姉妹のご両親です。


前にもご紹介しましたが、イサムノグチとパリで協働した
こともある造園家のお父さんと、現役日本画家のお母さん。



今までを振り返りますと、あるじはどうもいろんな意味で
お父さん似のようです(笑。

アプローチから庭すべて、この万年山の気象を知り尽くした
お父さんがディレクター。楽しみですこれは。建築もいばらず、
ええバランスになればと思います。








080203モデル写真.jpg
2階の喫茶室(読書室)はこんな感じ。
窓の向こうに万年山の木々が。









帰りがけ、お父さんが



080203看板に?.jpg
「これ看板にどうで?」

「なんか妙なモンがあったら拾うてくるんじゃ。」



駐車場の入り口?
文庫入り口の上?

こういう、図面にない、というか設計者が想定してない
(できていない)ものがいろいろいろ加えられて、こう、
なんか香るような場所に、なりそうな気がしてきた。


建てようネット、白井さんのブログもご覧下さい!






posted by uch at 00:00| ☔| Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。