2008年03月30日

さんがあぁつ

さんじゅうにちのおー

今年はホンマに日曜でした。
毎年話題にして申し訳ないですが誕生日が。私の。



いろいろメッセージやらプレゼントやら
ありがとうございましたみなさま!









で、そのうちの妙に心に残るひとつ。








080330じんだ.jpg
じんだ(ぬか醤油炊き)二缶。いわしとさばです。


祐信さんからいただきました。
ありがとうございます!!






缶詰は、またゆっくり飲みながらいただくとして、
モンダイ(モンダイかな)は後ろに写っている箱です。





重さからいって「あ、ちがう」とは思ったけど、似たものとして
カステラの箱がありますね。この白さとこのきっちり具合。





それと、中学のときの技術の時間で、薄い鉄板で
ちりとりとかハガキさすやつとか作ったときの、本番の鉄板に
行く前に、自分で描いた設計図に基づいて作った厚紙での試作。
あれを一番思い出しました。

しかも缶詰との隙間、というかいわゆる建築の納まりでいう
「あじ」が絶妙で、中で動かない程度に「みっちり」
入ってるんです。タテもヨコも。





最後のふたがまたしっかり糊付けされとるもんやけん、
あけるときに破れてしまった・・・


こんなにきっちり作ってあるのに、再使用を考えない
潔さというかその「ちゃんと閉めるんじゃ」という、
箱として「完成させるんじゃ」という鬼気迫る箱作りにかける
意気込みをひしひしと感じます。



ふたが「はらっ」とあいたならまた使えたのに。
何にかはわかりませんが。




ああ、なにをあつくなっとるんだか。
それくらいのモノでしたよ。

あ、書き忘れるところだった。
祐信さん手作りの箱でした。




posted by uch at 00:00| ☀| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。