2008年05月20日

ほんまに

これはええことやなあと思う、同業者の「仕事の見せやい」。


「あ、これもうた!」とか、
「ここはうっとこはこないしよんじょ」とか、


ナマの勉強。なんせ実物ですから。


鳥羽知夫建築設計事務所の「らせん階段のいえ」構造見学会。
まだうちでは未経験のSE工法です。


火打的なものも仮筋交いも少ししか入ってないのに
「固い」、「ゆれない」。


集成材をSE金物で組み立てる、「重量木骨」。
この工法を採用すると、設計するアタマの角度が何度か
かわりそうです。





080521螺旋階段の家.jpg
図面に「たかってる」のはわがスタッフたち。
なんかほんま「たかってる」感じが面白い。

隅に写っている白いのは大吹抜の水平ブレース。






080521moon at.jpg
こちらはmoon atの皆様+tobaっち+シライさん。
伊月王の「ほんまかー」いう歪んだ声が聞こえてきそうです。



あ、また向こうの方でなんかにたかっとる(笑



tobaっちありがとー!








posted by uch at 00:00| ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。