2008年06月16日

昨年つくった

こどもの部屋のロフト。

もともとそのつもりのつくりでない築20年以上のRCの住宅、
八畳大の洋室を二つのL字型の部屋に分けて、それぞれに高さ
1m前後しかないけどなんとか寝られるスペースを作った。
この、合計12畳くらいの立体空間に三人。

冬は良かった。ぬくい。おちつく。
窓がないのでほんま深く眠れる。しかし。

そろそろ暑い。とても暑い。

で、知り合いの空調設計者のアドバイスで、ロフトの一ちゃん
高いとこに換気扇設置。ロフトの隣は小屋裏収納。そこに外部への
通気口があるのでいずれ抜けていくだろうと。

「あげるわよー」でもらってきた換気扇を昨日取り付けた。



あったまって上のほうにたまった空気抜いたら下から熱くない
空気があがってくる。風井戸でいっつもやっていることやけど、
あらためて自然な空気の動きを実感。だいぶ過ごしよいかな。
ほっとした。





posted by uch at 07:35| ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

SONY SHOP

CALL 徳島 野田店長のブログ見ていて「お?」思て。




ちょっとした会をするにも自分のがあれば手軽やし
人にお借りするのはやはり気を使うしで。










080615.jpg
つぶらな瞳で見つめられている気がする(笑
posted by uch at 00:00| ☔| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

うちんくも

ついにA2コピー+A1プリンター導入!



のために、事務所にお越しになった方ならわかる(かな)
入って正面の祭壇というかひな壇というか、2階住居への
階段を撤去することに。




階段のけてみたら床下との開口が出現!
そうだったっけ?忘れてました。




ほんで、設計する住宅では風井戸風井戸いいながら、この
「風井戸のいえ」第一号の1階店舗部分には上下の風の道がなく
結構暑いのが欠点でした。




が。











080613床下.jpg
冷たい空気がひゅーっと!



栗林賢次さんの亀山双屋思い出した。
実感。使えるなあ床下。面白いなあ床下。






posted by uch at 08:51| ☔| Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。