2008年09月04日

大阪の

綿業会館

最初に勉強させていただいた事務所勤務時代、
同僚に誘われて見学会に参加して以来。
だから20年ぶり。

さわりたくなるなでたくなる素材、空間。

「材料でつくるんは建築と違う。素材で作ってこそ建築。
素材で作るから「ふる美」ることができるんです。」

と、現JIA会長の出江会長は何かにつけて
話してくださるけど、本当やナぁとこういうのに
じかに触れると心から思います。

ホンマモン。

とある委員会に全国から集まった、普段はモダンな建築
つくっているJIAのメンバー達も、なでてさわって
ニコニコしてます。デカイ建築つくってるラージファーム
(組織設計事務所)の人達も建築青年にもどってカメラ片
手に歩き回ってるし。

いやほなけんそうなんよ。JIAの近畿委員会の事務所、
この建築の中に在るんです。すごいんよ。ほなけん近畿の
ひとたちどっしりしとんやな。と、歴史の重みも感じる。


posted by uch at 00:00| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。