2008年09月10日

経緯を

説明しようと今までの流れをメモしていたら、初現調から
もう二年半たってました。

当時のメモには
2006年「ゆったり」
2007年「そろそろ」
2008年中盤から「本気モード」・・・

となってますが、昨今の建設物価の高騰や、あるかもしれない
税率アップを考えると一刻も早くということで、本気モードが
半年早まっている感じ。





初参加の総代会。

「ほうりゃ寄付の話にやなったら普通は怒号がとぶでよ」
「けんかごっしゃけん金の話になったら」

と、終わってから施工相談役Nさんに聞いたけど、
この日の皆さんは物腰柔らか、

「ほなみんなでなんとかしよかあ」いう感じです。



Nさん言うように、檀家はんと当代、名誉住職も含めてみなが
よう分かり合うとんじゃ。寺の考えを理解しとんよ。
ということですね。

「普段の暮らしぶりや言動によっては??」と考えると、
このお寺の人たちの「きれさ」に改めて感心します。




違和感から却下になったようですが
「キフヒャクマンデインコジモレナクツイテクル?」
には『ほほー』思いました。

もしそれを望んで高額寄付をする方がいらっしゃるとして、
現世とあの世とで、「いつの誰のために何故そうしたいのか」
考えると、果てしなく悩ましいなあ。




「ほなけんどな、みんないずれ世話になるんじゃけん
気持ちように出してくれるわよ」

という、現実と諦観と来世、家族、そういずれ死ぬことを
踏まえた、今この瞬間この場にいる人同士の会話は、

「生きているしあわせ」というようなさわやかさも感じて
「ああ日本のお寺での会話やなこれが」とうれしかったです。




総代に推されて引き受ける人というのも、お寺の一部で
ある意味聖職者なんやな。そのときそのときの
「パートナー」。


posted by uch at 06:44| ☁| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。