2008年10月13日

発足。

「十二の会」

第一回目が月見の会になったことで、12ヶ月の十二、
干支も十二やし・・・と、「酒」も「飲む」も入らない
これがいいねと飲んでいるうちに決まりました。
これは中山棟梁の案でした。

徳島中の酒を飲み干して、自分達なりに評価して、
なんかまとまったもんにしてみる?という会の名前です。

エディター、喫茶店主人、ギャラリー主人、住職、
宮大工、設計者・・・



静かな人たちの集まりで、ほんまなんかゆるーいエエ時間
すごしました。

第一回は中山棟梁の親友の会社






081013利き酒.jpg
「芳水」


どうです?バックの満月もすばらしいでしょ?










(提灯が映っているだけですが・・・)








081013月にかき.jpg
「月にカキ」

第一回会場は11月にオープンを控えた万年山文庫。





081013山の記憶.jpg
学生時代の山登りの服を小さなバックに縫い直した
(縫い直してもらった)そうです。ええですね。
もう一回付き合いなおしてるんですねそれと。

持っているのは祐信さん。


久しぶりに結構飲んだ気がするけど、日本酒だけ、
しかもおいしい日本酒だけ、で、朝もさわやかでした。


ゆるーく、また次回!


posted by uch at 22:38| ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。