2008年11月30日

ギタリストの

paul gilbert、

超絶なテクニックだけじゃありません。
数枚出ているソロアルバムではボーカルも。
声もかなり好きなンやけど・・・


CDやさんで見つけて飛びついた







081201.JPG
gilbert and nelson

まあ何の告知も見てなかったはず、えらい短期間にnelson氏と
意気投合してちゃちゃっとつくったアルバムらしくて
解説も付いてない。

「まにあわんかってなあ、えらいすまんけどウエブで見てくれるで?」

やてこんなんも見たことないよなあ。




今までのソロアルバム、曲も声もギターもええんやけど
偏執的なまでにコンスタントにアルバム出しすぎで
なんや、走り続けつつも煮詰まっとったんだろなあ。


合間に前編インストアルバム出したり、RACER Xでも出したり、
ほんでもなんか飽きたらンかったんだろなあ。





paul gilbertがデモ聴いて飛びついたっちゅうん
わかるわー。

きれいでせつない声じゃ、ハードではないけど、こう
びびっときます。そのnelsonがつれてきたというドラムも、
ええなあ、もったりしてて。




これ売れるンちゃうかなもしかして全米的にとか。その前に
そのザッパっぽいあごひげはそってほしいですがnelson氏の。


posted by uch at 00:00| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。