2009年01月01日

いつから

だったか覚えてないけど少なくともここ十年は
必ずつきに行く、徳善寺の「除夜の鐘」。


こどものころ感じたわくわく感や、なんか体中うれしい感じ、
いわゆる「しょんがつ感」(?)は年々薄くなるものの、大晦日
から新年にかけてのこの時間帯の徳善寺への行き返りはやっぱし
なんや新鮮な気持ちになるなあ。





090101徳善寺.jpg
この門をくぐることが「年を越す儀式」なんやな。


皆様今年もよろしくお願い致します。
(阿波踊り暦でいうともう今年も残すところ7ヶ月チョット(笑)


posted by uch at 00:00| ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。