2009年08月03日

土曜は

愛媛県八幡浜市へ


JIA愛媛地域会の皆さんの、特に和田さん武智さんの大仕事、
日土小学校の改修+増築の完成見学会!

翌日の愛媛新聞には、見学者800人と・・・!!

ようけ人が見に来ていることにまず感動。建築関係者は徳島からも
何人も来てましたが、およそ業界とは関係なさそうな方々も多くて、
「建て替えか?」→「保存改修増築」に至った経緯や、松村先生の
設計した校舎のすばらしさがちゃんと伝えられてきたんやなと、
設計の仕事そのものだけでないみなさんの「活動」の成果なんだろ
うなと、ああこれが、建築家の社会活動の大いなる成果やなと、わ
いやもがんばらななと・・・いろいろ・・・

写真はよ〜け撮ったけど、こんなに「伝わらない」建築も珍しく、
うーんと思いつつもでもちょっとでもわかるかいなと、超ダイジェスト
いきます。

090804-6.JPG
090804-5.JPG
090804-4.JPG
090804-3.JPG
090804-8.JPG
090804-2デッキ.JPG
090804-7.JPG
090804-1外観.JPG

川風涼しく、建築も軽快、透明。

大きな一枚ガラスよりも格子の重なりのほうが「透ける」なやはり・・・。
勾配面の高さを違えた屋根、天井のつくるダイナミックな
空間、目視で測れないスケール感、つまり数字で設計したわけでは
なくて、身体的に実感する「空間」を図面化したというか。

こないに直線ばかりなのに有機的な木造建築ができるんじゃ。
重なり合う屋根面、表裏一体の緊張感。言葉はなんぼでもでてくるな。

とにかく、元気なこどもがますます元気に育まれる場所やな。


四国にこれがあるいうのはうれしいな。の、「その2」やな。
(その1は「かたつむり山荘」・・・)





















posted by uch at 00:00| ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。