2009年08月15日

ばあちゃんの初盆で

相生へ




前日に株内(かぶうち:こんな字?)のオトコシが
つくってくれた







090815-1.JPG
「棚」






090815-2.JPG
早朝、長老の読経の中、近い者から御供えをして焼香。


じいちゃんの弟「ひろっさん」に、いろいろ教えてもらう。

初盆にもんて来たばあちゃんたちが、家に戻る前にここで
はらごしらえするらしい。ほんで、棚の左右に供え物を
するのは、どちらかは人間用で、もう一方は施餓鬼、それと
万物の霊に供えているのだそうな。


「悉皆仏性ちゅうてな、むかしの人はわかっとったんよ。
いまの学者がいろいろ発見しよるっちゅうてもな、昔の
もののわかった人のほうがごついんよ」


つくったり壊したりしよる我々ですが、こんな話を聞くと
神妙な気持ちになるなあ。じいちゃんもばあちゃんも亡く
なってしもたけど、今は法事でひろっさんの話聞くのが
楽しいなあ。ほんま博識。

あ、ひろっさんのひろしは博じゃ(笑

誰かどないかひろっさんの話書き残しとかんとあかんの
ちゃうかな。部落の歴史、犬の墓の古事が語れる人はもう
ひろっさんだけじょ。






090815-3.JPG
美しいなあ。

あ、ゆっこまた見逃したなあ、美しい向原・・・
(おいとこ通信(笑))











posted by uch at 00:00| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。