2009年09月26日

JIA全国大会。

去年は仙台でした、その前は東京、その前は個人的には初参加
だった奈良大会・・・

そのとき、「いやあ、奈良ですな。隆々としてる、建築が。」
いうて、いつか奈良建築めぐりしましょ〜やいよったんです。

今年は京都での大会です。ほんで、

京都大会前日に、法隆寺や東大寺南大門などなどナラモノ
みたいなあやいうていうてましたら・・・

なんともおあつらえ向きにまさにその日、徳島で社寺建築いう
たらこの方をおいて・・・という伝説の森兼三郎さんが、
「まさにその日」(ひつこい)徳島大学でひらいている講座の
一環で奈良建築めぐりをするというではあーりませんか!!・・・



これまたJIA徳島地域会で古建築語らせたら右に出るものがいない
といわれていて(笑、また、阿波の農村舞台再発見〜保存の主メ
ンバーの一人、tomiyanが話しつけてくれまして、JIAのみならず
徳島の若手たちも一緒にその奈良ツアーに参加できることに!!



ほんでまた、「ほなべんきょうせなあっかんわよ〜」とtomiyan
の声がけで、森兼さんによる「社寺建築の見方」講座が行われました。
9月の例会にかわって。JIAには参加されてない大御所や若手の
みなさんも寄ってくれて・・・






090926.JPG
盛会でしたねー


三時間半?まだまだなんぼでも、何週間でも続けられそうな写真資料に
ぶっ飛びながら、(日本中の市町村の社寺他の写真、しかも一箇所
に何回も足運んでます)驚嘆の声がそこここから。


ドンだけ廻っとんですか!ほんで日本だけちゃうけんなあ。


「いうてくれたらだいたい行っとうけんな、写真貸し出すでよ」



おうわさはかねがね、、、でしたがハジメテお会いしました。
森兼さん。

徳島底知れんなあ。
うれしいなあ。
ゴツイ人おるんじゃなあ。















posted by uch at 00:00| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。