2009年11月12日

徳島で設計監理に関わる皆様へ

徳島で設計監理に関わる皆様へ

両国の「ギターハウスRab」店長でkimoty houseのクライアントでも
ある木元さん。氏が徳島を元気にしようと、あえて平日の夜に毎月
開催し続けてきた「Music Fellow」もこの度第28回を迎えます。

今回は、本職の音楽、楽器のみならず建築にも我々が驚くほど造詣
の深い木元さんの企画で、「音楽と建築のコラボレーション」となり
ます。

初めての試みですし全く手探り状態ではありますが、堅苦しい
建築家展とはちがった、なにか親しみやすいものにできたらと考えて
います。少なくとも音楽に関わる人々と建築に関わる我々とが交流を
持つことは非常に「オモシロイ」事だと思いますし、どんどん輪を広
げて、どちらにとっても『とくしま』にもっともっとしっかりと根を
おろすきっかけになればと思います。


イベント名 :Architecture Fellow
日時    :12月13日(日)
場所    :北島創世ホール ロビー
入場料他  :無料

参加費  :2000円 
(出展者及びライブでの演奏者一律、お弁当付)
(ライブは12時〜6時半、先日のフライヤー参照)


展示作品応募概要

・テーマなど
 建築関係の写真などですが、骨格として
 「Works」:正攻法の竣工写真など、普通の建築写真
 「Outake」:没写真など、もしくは裏写真
 「Making」:現場やモノの、おもしろい写真
 ・・・の三ジャンルのなにかをバランスよく。
 写真やスケッチなど平面モノに限らず、実物、モデル、など
  立体もOKです。

・タイトルや解説を、実在する歌や歌詞に結びつける。
 タイトルや歌詞の一節を展示するなど・・・
 
例(ex.)
 タイトル:やさしさに包まれたなら(ユーミン)
 建物名:cow house
 設計者:伊月善彦(moon.at)
 http://blog.livedoor.jp/taa2003/archives/51159821.html

・建築家の「ライブ」。歌う、演奏するとは違うなにか・・・
・基本的に何を出すのも自由ですが、音楽イベントの方のタイトル
 であるmusic (音楽) fellow (仲間)をキーワードに、それら
 とのかかわりを表現できたらと思います。
・応募登録は11月20日中に内野までメールで
・作品の概要を、12月10日までに内野までメールで


よろしくお願い致します!


posted by uch at 00:00| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。