2009年12月01日

家に帰ると

テーブルにえらいキレイな箱が。
なんともいえない水色の。





091201.JPG
紅茶ですな。


光崎先生の香典返し。
音楽葬といい、「光崎先生がそこにいる」みたいです。


何度かお邪魔した当時の先生の高槻の家、増築を重ねた、
部屋ごとに名前をつけたくなるようなあの家も、いかにも
先生ご夫婦そのもので、いまだに同窓生が集まるたびに
話題になるもんなあ。


ゼミの設計演習で、「ぼくもちょっと考えてみたんだよ」
と見せてくださったスケッチ、これも光崎先生そのもので、
部屋の名前もかいてない線だけのスケッチやったけど、
鮮明に覚えてます。


なにが光崎先生そのものなんだろなあ。
でもそんな感じなんよなあ。


















posted by uch at 00:00| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。