2010年02月09日

もんてきて

独立して最初の徳島での仕事。
1階を事務所に借りている「風井戸の家」。

またの名を「徳島杉四本心柱構法の家」
(10年前の木質構造研究会での発表資料です)





「風井戸の家」では、四本心柱の中(風井戸)に双方向階段を
おいて周囲のドーナツ状の住空間をフリーに。全室が風井戸に
面することで、どの部屋も中から明るく、風も光も吹き抜ける
家になりました。

同構法第二弾「光井戸の家」では居間の上部が風井戸(ここでは
光のほうがメインなので光井戸)。北側以外の三方を高い建物
で囲まれた悪条件でも、しかも平屋でも、天空の光は十分に家を
明るくしてくれるし、湿気のとの戦いだった旧屋が考えられない
風通しを実現しました。

ほんで今回。園芸資材売り場とシンビジウム関係のギフト館から
なる店舗に採用。温室的な性能に期待しています。






100208.JPG
応神の「ガーデンショップ四季彩」

3月中旬オープン!!












posted by uch at 08:21| ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。