2010年06月24日

信号待ちで

なんか視界の端の方に異物感が・・・






100624-1.JPG
ん?






道なりに曲がってみると







100624-2.JPG
おお。なんとも小松島な風景やなあ。
しかしぎょっとするな。



海に浮かぶかたち、波を切って安定するかたち、水にフィットする、
左右ほぼカンペキに対称で、やはりイキモノ感がみなぎっていて・・

街中に顔を出すと異様なまでの迫力、コワカッコイイというか(笑












posted by uch at 08:29| 徳島 ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

こないだは

ronnieの訃報を聞いて沈みましたが・・・

もう一方の雄、ワレラガozzyは・・・










100623ozzy.JPG
健在でした! 昨日発売の "scream"!!


しかし・・・

この期に及んで(キャリアの終盤に差し掛かって)
まだギタリスト変えますかしかし。

しかも一緒にやってる時間もダントツに長いzakk wyldeを
切りますかしかし・・・

その存在感の類稀な貴公子感と、繊細やけどトリツカレタように
レスポールかきむしる、それも他にないメロディアスで独特な
タイム感の初代ギタリストrandy rhoads。

randyを越えたとはいわんけど(全然違うから)zakk wyldeしか
おらんだろもうozzyのバックはと、流石にこのわいでさえ
(ナニモノ?)認めよんのに。




聴いてみると、ozzyのますますのカラフルぶりに感動しながらも
やはり、第一印象はほんまに思ったとおりギターが「ほっそい」
感じがする。

「ちょっとどんなゲージはっとん見せてみ?」と聞きたい(笑

比べなかったら「ええでないで」かも知れんけど、あの丸太ような
腕で極太ネック(に違いない)のレスポ−ルを「唸らせる」そう
唸らせる、バッキングの太さ重さ、zakkの、と比べたらなあ。

交代した以上がんばって、とは思うけど、「あかなんだらまた
zakkに代わりよ」とも思う。先短いでよozzyはん。




「おまえ何もの?」ブログでしたっ!やいいもって、しばらくは
こればっかり聴いてそうなんやけどねもちろん(笑













posted by uch at 09:25| 徳島 ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

修行時代の

弟子には、エエモンだけ見せるンやと。
半端なもん何ぼ見せても「わかる」ようにはならん。
エエモノしか見せたらあかんて。

ええものには「胸のときめき」があるわな。
それが感性やな。

美観はときに機能を凌駕する。

「古い」ものと「昔の」ものは違う。
昔のものでも古くならないものをめざす。



クライアントはもちろん、奥さんの話も、いつも同席して
くださる方の話も興味深い。

何かを求めてやまない人たちの無目的な会話の醍醐味。

あ、無目的とは違うな、ひとつの住宅を生み出す為のブレーン
ストーミング。なんと贅沢な時間でしょ。

昨日の案は








100622.JPG
こうです。




特別な背骨がほしい。
それが何かはまだ見えてきませんが。








posted by uch at 06:38| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。