2010年06月22日

修行時代の

弟子には、エエモンだけ見せるンやと。
半端なもん何ぼ見せても「わかる」ようにはならん。
エエモノしか見せたらあかんて。

ええものには「胸のときめき」があるわな。
それが感性やな。

美観はときに機能を凌駕する。

「古い」ものと「昔の」ものは違う。
昔のものでも古くならないものをめざす。



クライアントはもちろん、奥さんの話も、いつも同席して
くださる方の話も興味深い。

何かを求めてやまない人たちの無目的な会話の醍醐味。

あ、無目的とは違うな、ひとつの住宅を生み出す為のブレーン
ストーミング。なんと贅沢な時間でしょ。

昨日の案は








100622.JPG
こうです。




特別な背骨がほしい。
それが何かはまだ見えてきませんが。










posted by uch at 06:38| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。