2010年08月21日

一年以上前かア

完成したばかりのcowhouseの見学会があったんは・・・

家具やら生活やらが入って、あらためて見せていただきました。


新しい古い、
硬いやわらかい、
濃い薄い、
などなど、異素材の取り合いの思い切りの良さと、それで
生まれる緊張感がそこここに感じられて、「ゆっくり味わおや」
思ったのが前回。


今回は、伊月王と奥さんによって持ち込まれた「カルチャー」
にまず目を奪われて「うお〜なにこの濃密さ!」いうのが
第一印象でした。


こちらが積極的に味わおうと思う世界と、もう出来上がっていて
浸っていて気持ちいい世界というか。


窓ひとつとっても「なじみましたねえ」いうところと
「も少し時間かかるかな」いうところといろいろ。


キング夫妻がいて初めて完成する家というか。


こう、見る人によって「気になるところが変わる家」も
珍しいのでは。それくらい、時間、モノ、人、思いが重なり
合った、なんちゅうか、ほんま、伊月建築のキーワード
(本人にどこかでその言葉聞いて深く納得した)
「カルチャー」な家。なんかなあ。


わいにとってはあくまでも「素」の状態のときに感じた、
「相克、しかし平和」のいえ。かな。ますます
わけわからんか(笑


100821-1.JPG
100821-2.JPG
100821-3.JPG
100821-4.JPG


キング、奥さん、スタッフによる「おもてなし」。これが
moon atの真髄のような気もする。

やさしいんよな芯から(笑


遅くまでありがとうございました!!!


















posted by uch at 06:29| 徳島 ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

障子の

微調整





せーの。

100809-1.JPG
よい

100809-2.JPG
しょっ

100809-1.JPG
よい

100809-2.JPG
しょっ



建具を入れる作業の前と後では、「いれもの」が
「すむところ」になる。くらい変わりますね。現場が。

「あ〜」と満たされます。設計者も。

画竜点睛いうたら重すぎ?しかしとても大事なトコです。
ここんとこ失敗したら台無しやし、開けたり閉めたりして
風を通したり止めたり、人も通したり止めたりして(笑
生活に合わせていきいきと動くところやし。

ですから嵌め殺し窓はほとんど使いませんね〜
よほど意図があるとこ以外では。



ほうじゃ、数年前に建具大会に寄せて鳥羽さんと書いた
文章があります。読んでみてください〜











posted by uch at 09:56| 徳島 ☀| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

「なにも

考えてないんやなあこの人」

といわれるようなんがええんですよ。
人気(ひとけ)のないような。
素材と大きさだけでええんです。
倉庫でええんです。

う〜む。

行くたびに「これが答えです」いうつもりで新たな案を
提示するけどそのたびに8度ずつ位(笑)違う角度からの
あらたな視点を示されて。

その場ではとても混乱するんやけど、話を聞くうちに
落ち着いてきて「腑に落ちた」気になる。んやけど。



まだまだ続くこの「そぎ落とし」作業。
一人ではぜったいに思いつかない世界ができると思う。

楽しいです。いやまじっすよ。







100819-6.JPG
いまはこんなん。
多分まだ二合目くらいやな。









posted by uch at 08:18| 徳島 ☀| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。