2010年10月27日

これなんか、





101027-7.jpg
西暦590年ですよ。

「頭貫」(説明書きの上の横材)



こういうふうにのこぎりじゃなくて



101027-1.jpg
「ちょんなでけずってありますね」(解説のおじさん)
釿(ちょうな)ね。なるほど。

手斧もちょうなと読みますが、昔の大工道具の釿。

こんなふうに横から懐中電灯当てられるとはおもてないわな(笑
いつもは暗闇でしずかにしてるのに、懐中電灯当てて指差されるわフラッシュ
たかれるわで、落ち着かんでしょうねえ。






ほかにも、左官職人さんの

101027-2.jpg
「鶴」 や、





たぶん大工さんの

101027-6.jpg
戦闘機。飛行艇みたいですね。

などの、「作品」も発見されてます(笑




101027-5.jpg
階段。美しい。






元興寺を出て、せっかくやからやはり東大寺へ・・・と歩いていると
「ん?戒壇院?」と祐信さん。

101027-3.jpg
「え?階段院?」 いやじゃなくて(笑・・・
解説してくださいました。


仏教の戒を授けてもらう、つまり、正式に僧侶になる為には中国にいく
必要があった当時。
中国の高僧鑑真和尚にお越しいただこうとするたびに途中で難破。
三度目にやっときていただけて、和尚の指導の下創建したみっつの
戒壇院のうちのひとつなんだそうです。


壇上の四隅にはこれまたこわくてうつくしくてすごい
(ボキャブラリー貧困)四天王がおわします。(撮影禁止)




101027-4.jpg
これは大仏殿。

大仏さんのまわりを廻る。
大仏殿のまわりを廻る。
回廊の軒越しにみる。











posted by uch at 15:02| 徳島 ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。