2011年06月13日

終わってから

いうなよって話やけど・・・





日曜日、ハマピー(笑)ご夫妻がそろって出られるというのを
聞いて、行ってきました文化の森。




今年はチャリティと銘打たれていますが、毎年あるんだそうです





110612-0.jpg
福島俊治さんの阿波ぞめき「渦の会」の発表会。

前半しか見れなんだけど、よかったんよな〜。
ほなけん来年のためにご紹介(笑



内海栄華さんという、もうこの人しかいないという女性寄せ芸人の
ステージで始まった。

笑かしもって、歌いもって、三味線弾いて、こういう日本の唄の世界の
素晴らしさを教えてくれる。詩の世界、その、自然の描写、虫一匹にも
情を感じる日本人の世界を。一瞬涙ぐみそうになってびっくりした(笑
歳だろか。というか、こういうの、ええよな。忘れとった。大事にせな。




110612-1.jpg
手前が内海栄華さん。




かっぽれを踊るお師匠さん(なんでしょうね)と、
合いの手を入れる踊り装束の女の子。

かっこええな、伝統芸能をうけつぐ姿。


ここでも、ようしらんのやけど、聞き取れる唄の内容と、手先の動き、
からだ全体の動きがシンクロしているようで、ああそうなんかと思う。
若い娘さんが踊るのとは意味が違うというか。

映像も音も録っておくすべのなかった時代、そんなに簡単に旅に出る
ことも無かった時代、こういう芸をされる人が地方を廻って唄って踊
って、鑑賞する人はイマジネーションフル稼動して、動きと唄と太鼓
や三味線で描き出される「世界」を楽しんだンだろな。

なんかいろいろ勝手に納得して、すごく得した気分(笑


栄華さんが弾く三味線、とてもやわらかそうに見えた。楽器って
ほんまに弾ける人がもつと、やわらかそうに見えるンよな。
体と一体化して、というか一部になって。






続いて・・・







110612-2.jpg
三味線軍団総勢60人!!!
と、スター(笑、シメ太鼓を打つ少年。すごかったな彼も。


あら、お二人でセンターラインをシメてますね(笑


四県の芸能をメドレーするぞめき「お四国巡り」他のオリジナルや、
圧巻だったのは全員で弾き倒すよしこのの「笛の調べ」!!!

これだけの人数がこれだけのレベルで弾いているのを見て、えらい
なんや恥ずかしくなった(笑 

ピックやめてやっぱりバチを練習しよかな(笑



ありがとうございました!!




「フクシマトクシマの会ブログ」はこちら・・・
6/13更新。南海地震を語り継ぐビデオ・・・










posted by uch at 09:37| 徳島 ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。