2011年08月10日

高専の

景観工学

今年のデザインコンペティションは釧路高専が担当で、
「地場産材を使ったセルフビルドハウス」

建設システム科、つまりは土木の景観工学で、建築学科でもないので
拡大解釈して、震災を踏まえてトクシマのある地域をピックアップ、
そこにどんな集落をつくってどのような景観を、また、住環境を提案
できるか、としました。

で、ことしもやりました講評会。



110810-2.jpg
今年は全員参加!



ダーっと紹介すると・・・
(顔写真はカットしてます。彼らのいい笑顔を想像して下さい(笑

110810-3.jpg
羽ノ浦

110810-4.jpg
藍住

110810-5.jpg
鷲敷

110810-6.jpg
吉野町

110810-7.jpg
新町川沿い

110810-8.jpg
上板

親指が象徴してますが、最後の班のが本選へ〜

面白かったなあ。
後期はついに三年生の建築製図の授業に鳥羽さんが入ります。

彼らが上がってきたらおもしろうなるなあ〜

講評会には高専の二先生のほか、伊月王、松田さん、新居さんも
参加して下さいました。ありがとうございました!!
来年もやろう。みんなでやろう(笑





「フクシマトクシマの会ブログ」はこちら・・・
あいてしまいました。本日更新。
水深2メートルで全壊・・・







posted by uch at 00:00| 徳島 ☀| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。