2011年11月02日

長谷川豪さんのことば

・生きているように感じることがある建築。
・空間的に、時間的に、世界とつながっていると感じられる建築。
・既にあるもので、新しい現実をつくる。



人と生活
敷地
天と地
法規

これらは「外在するもの」

建築言語
スケール
プロポーション
内部と外部

これらは「内在するもの」


これらのワードを行き来しながら長谷川さんが語るとき、
大項目→中項目→小項目というような、試験に出しやすい
整理とはかけ離れた縦横無尽な認識がベースになった、誰
にでもすーっとはいってくる新たな認識が、会場の人々の
心を新鮮にふるわせる・・・。

おおげさちゃいまっせこれ。これ建築家の講演?えっと
なんだっけ?みたいなみずみずしい90分でした。


本人は「自分でつくって自分でしゃべるんですから建築家の
講演ほど胡散臭いものは無いですよ自分のも含めて」なんて
おっしゃってましたが(笑

懇親会での先輩方の反応を見ても、「ふるえた」もしくは
「ふるわされた」顔でいっぱいでしたがな(笑


・古いものをうけとりつつ、明日に届けること。
・スポーツと似てます。ルールがあるからこそ創造的な
 フォーメーションができるんです。
・定着して、30年40年の時間に耐えられるアイデアでなければ。
・自分自身が、デザインと批判を繰り返す、体の外に出す、また
 体に入れる、を繰り返す、その内に、自分のものなのか、それ
 自身なのか、わからなくなる・・・。
・自分のもののようで、誰のものでもない空間が、自分とまちと
 の間にある。
・自分の意識が伸び縮みする。身体感覚が伸張したり縮んだり。
・地域のボキャブラリーを、作法を、一度引き受けて考える。


あかん、あらためて書きながら興奮してきた(笑


来年は、構造家の大野さんと一緒に来ていただいて、シンポジウムと
阿波踊りじゃ〜!!みんな楽しもな〜!!!(笑




「フクシマトクシマの会ブログ」はこちら・・・







posted by uch at 00:00| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。