2011年11月22日

18日の復興支援会議の

あとの懇親会を途中で退席して新幹線で二次会へ・・・



111121-7.JPG
「新幹線で二次会て!!」いいながら、いい気分で福島から白河へ。



辺見さんが生まれ育った町、田町。育った家は
食堂『田楽』(でんがく)→「田町を楽しむ」で、ついた名前!

で、辺見さんの事務所は『作楽』(さくら)→つくることを楽しむ。

さらに奥さんがされている育児グループが『楽子』(らっこ)
→もうおわかり、子づくりをたのしむ・・・


おもしろい〜!!


で、三つ合わせると田子作(たごさく)なんやけど、たごさくって
なんか卑下したような言葉ととらえられるけど、本当は「お米を作って
くれる人」を賞賛する言葉なんです。と、辺見さん。なるほど!




111121-1.jpg
元米蔵。縁あって辺見さんが譲り受けて事務所に。

震災でなまこ壁が一部落ちてしまっていますが・・・



白河の新図書館の設計をされた高橋靗一さんがこられたとき
「これは直さないほうがいい」と、いわれたたとか?

この図書館は、「市民の財産」になるんだからと辺見さんが
プロポーザルにすることを強く行政に働きかけ、自分は参加
せずに「いいものができたらそれでいいのよ!」と、徹底して
黒子でこの建築をプロデュースされたわけですね。地元愛です。

111121-6.jpg
雨なのにたくさんの人、あらゆる年代の人が「自分の居場所」
をみつけて静かに過ごしている様子は静かに和やかで知的。

もちろん設計は「第一工房」であり高橋靗一さんなのですが
「辺見さんありがとう!」と、市民の皆さんに教えてあげたい(笑



111121-2.jpg
まずはみんなで「作楽」内部をくまなく見て廻る。

「うわ〜」とか、「ええなあ〜」とか、そこらじゅうで建築家の感嘆の声が。
内壁がなまこ壁って珍しい。湿度調整で、お米のためのなまこ壁なんだとか。



111121-3.jpg
薪ストーブで焼いたピザで、ワイン。。「んまい!!」みんなノリノリで
建築談義に(笑



111121-8.jpg
見上げです。



111121-4.jpg
歌集を出してこられたと思ったら、辺見さんの作詞作曲!!
しみじみ聴き入る。



楽しい一夜でしたね。
北海道、山形、福島、東京、群馬、長野、石川、徳島からあつまって
こないして話する。糧ですね糧。これで日常に戻って頑張ろう!と。

辺見さん、奥さん、お姉さん、スタッフの方々、お世話になりました!!



あ、ほうじゃ、こっそり撮った辺見さんの部屋の・・・



111121-5.jpg
色鉛筆があると、なんかホッとするなあ建築家の机まわり(笑



「フクシマトクシマの会」ブログはこちら
懇親会のこと、仮設住宅視察のこと、会議のこと、行ってみないと、
聞いてみないとわからないことだらけ・・・

是非お読み下さい!!






posted by uch at 09:21| 徳島 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。