2011年12月21日

フクシマトクシマ


最終fuku+toku-shima-A41220のコピー.jpg
防災シンポジウム!!

いま、何を備え、何ができるのだろうか
フクシマトクシマ防災シンポジウム 1.14.2012

未被災地の建築士はどう動く
〜建築士の備え・命をつなぐ建築づくり・被災直後の対応・
復旧復興へetc.

開催日時:平成24年1月14日[土]13:30開始
会場:徳島県建設センター7階(徳島市富田浜2丁目10)

13:30−14:15 基調講演/中野晋
14:30−15:30 東北の建築家による報告
15:45−17:00 徳島の建築士の報告+パネルディスカッション

(添付のフライヤーより内容のご紹介)
JIA(日本建築家協会)の福島地域会と徳島地域会が手を取り、
災害復興支援と未被災地の備えをテーマに活動を開始した
「フクシマトクシマの会」(2011年5月設立)。

この一連の取り組みのなか、1月13日(金)美波町にて「東日本大震災
講演会in美波『福島を知り福島から学ぼう」の開催が決定。
大震災を経験し、今なお復興に向かって様々な活動をされている宮城県、
福島県の建築家が「徳島の減災に少しでもお役に立つのであれば」と、
遠路を厭わず足を運んでいただけることになりました。

この機会を、地元徳島にとってさらに有意義なものとするために、
徳島大学の中野晋教授、徳島県建築士会地域防災研究会代表
中村正則氏にもご協力いただき、この度「フクシマトクシマ防災
シンポジウム」を企画いたしました。

東海、東南海、南海地震、さらに日向沖地震が併発すれば「日本大震災」
と呼ばれる規模になることが予測されています。

メディアによる報道が「市民一人一人がいかに意識を高めていけるか」
「実際自分達がどう動くのか」という防災意識の喚起に移っていくなかで、
あらためて東日本大震災で実際に被災し、以来現地で復旧、復興へと
活動を続ける建築家の生の声に触れ、私たちはどのように「備え」を
していけばいいのか、建築士として何ができるのかを、共に考えていく
場にしたいと考えています。

■参加費:無料

講師(敬称略)
■中野晋 (徳島大学大学院微積、環境防災研究センター副センター長)
■辺見美津男(JIA東北支部福島地域会長・福島地域会復興支援委員長)
■阿部直人 (JIA東北支部福島地域会副会長)
■渋谷尚 (JIA東北支部宮城地域会会長)
■中村正則 (徳島県建築士会地域防災研究会代表幹事)

*連絡先:シンポジウム事務局
tel.088−626−9567(内野設計) E-Mail:uch@uchnet.net
*主催:四会共催(日本建築家協会四国支部、徳島県建築士会、
徳島県建築士事務所協会、日本建築学会徳島支所)


「フクシマトクシマの会」ブログ
今日は同じ内容です。





posted by uch at 00:00| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

オープンの

前の年のクリスマスからやから、もう6回目かな。

今年の「ルンイブ」

毎年、かつての、また現在のお施主さんたちやら友人、
バンド仲間、ルンの常連さんなどなどにお声がけして、
なんちうか、音楽バラエティパーティ?

出窓の部分にこのときのためだけのメニューが大皿で
並んで、飲んで食べて・・・

最初に、新オッサントリオバンド「ツン」で三曲ほどやって。


「ツン」に「シン」呼んで

1 we are the world.jpg
WE ARE THE WORLD

pearl house 一家の
2 UFO.jpg
UFO!!

ここで飛び入り、サスケ君の
3 HIP HOP.jpg
ヒップホップダンス!!
おおお〜かっこええ〜!(笑

次は「竹清文化村」御夫妻による
4吾妻八景.jpg
「吾妻八景」
邦楽は初めてですねここでは。みな聴き入ってました。
贅沢な時間やナア。

で、お二人のぞめきにのって出てきた、「歌舞伎連」と「菊水連」の
現役天水、中学一年生コンビの
5歌舞伎+菊水.jpg
阿波踊り!!場が一気に「ぼに」に!(笑

飛び入り小学生二人のピアノ、
6聖この夜.jpg
『聖この夜』

7モーツアルト.jpg
『モーツアルトの、セレナーデ?』

明子ねえさん状態で見守るおとうさん(笑


ここで、鳴門教育大の先生が持ってきてくれた
いろんな国のいろんなおみやげ!くじ引きで当選者を!

8先生.jpg
先生です!(笑
ありがとうございました!!



・・・ルンイブにはやはり店長の
9hamasho.jpg
ハマショー!!



あと、写真無いですが、「そらのいえ」のお母さんが友達と
二人でドイツのちいさな竪琴「ライアー」を弾いて下さいました!



しめはいつもの(?)Happy Christmas(WAR IS OVER)。
pearl house ご主人に一緒に歌ってもらいました!




ゆかりさん抜きで「どななって」思いよったけど、とっぱちに
わいが歌たからぐっと敷居が低くなったのか予想外に飛び入りが
続出、おおいに盛り上がったなあ〜

来年きて弾いたり歌ったりしたい方いうというて下さいよ〜(笑





ルンイブ終わると、目の前に年末が。いつもの事ながら
はっとするんよな。さ、て、まだまだあるな今年は(笑



「フクシマトクシマの会」ブログはこちら
昭和町の自主防災会の「かわら版」です!!











posted by uch at 13:34| 徳島 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

15日は

山辺先生をお招きして、構造系の講座でした。

前日の計画系が70数人、この日の構造系は100人超!!

私を含め設計者のみなさん、住宅規模であれば構造家の方に相談する
機会はそう多くないけど、中規模大規模木造となると、何をどうすれば
よいのやら、「まずは構造はどうなん?」ということなんですね。



山辺先生講演2.jpg
冒頭から山辺先生、

「木造に取り組んでいいものつくるには、設計料が少ないのがネック!」

・・・と、行政の方も結構こられているなか、指摘して下さいました(笑


・各地に独自のスパン表があるが、徳島の杉スパン表が一番よくできている
・「4号ものは計算不要」なのではない。
・壁量計算、バランス計画、耐力壁周囲のN値計算は、申請につかなくても
 持っておく義務がある。
・木造で「建てる」「解体する」技術あったが、今や「ミンチ解体」のみ。
・混構造、異種構造接合部は主事により判断異なる。事前打合せを。
・接合部を考える。とてもやりがいのある仕事です!
・大架構はつねに外向きのスラスト対策が課題。
・架構が連なる。ゾーニングで考えて、それを連ねる。
・建物としての混構造と、部材の混構造。
・ロボットみたいにならないように。アフタイト等ですっきり。
・つくるときのコトを考える設計者と、考えない設計者、二通りある。
・ダブルスキンの中で、木造でスラストを受け止める→一つの解。
・原寸場での作業、必要だし、楽しいものです!
・鉄骨やRCとちがい、設計から発注、施工の流れの中に、木材の供給状況
 のヒアリング、製材(乾燥も)、引渡しという過程が組み込まれる。
・必然的に、大規模木造は単年度→複年度へ。
・地域の人々が守り、育ててきた木材で、地域の未来をつくる!
・金物は、隠すべきものと隠してはならないものがある。
・乾燥収縮で変形してしまう部分は、増し締めできることが大事。
・その、見える金物をどう美しくするか。
・水平剛性については、新しい工法でも説明すれば通りやすい。
・適合性判定、スムースに行かないとき、審査側の問題もありうる。
・ピアレビューならいいが、ピアチェックでは協議にならない。
・豊かな建築を実現するため、地域からも声を上げていかないと。


とうことで。

お話の中に「持ち送り重ね梁」架構の建築があって。

材料供給を考えればトラス系が簡便(といっても金物次第)ですが、
その方向だと、普遍的ではあるけど、「しっとりした地域性」みたいな
ものからは離れていくような。

スラスト負担はダブルスキン、これは佐藤さんの鳴門の「あい愛診療所」
なんか、好例ですよね。そこに機能をいれていくことでうまくいくかな。

4m材だけで考える?9mまでは乾燥材は出せるそうですし。

徳島県木造建築研究会は

木材について
構造
法律
意匠・構法
活動

の、五つのWGで構成されています。
構造だけが構造を考えるのではなく、各WGがそれぞれに架構、デザインに
提案をしていきましょう。

いろいろな制約は、「解決する対象」と読み換えることも可能ですよね。

次の研究会からは、城東小学校体育館(RC+S)屋根部分を木造化する
シミュレーションに入ります。燃えるなあ(笑

みんな、頑張りましょう!!

あ、こんな活動している木造建築研究会、入会希望の方は建築士会事務局
へお知らせ下さい!



山辺先生講演1.jpg
皆さんご参加ありがとうございました。

聞きっぱなしにならないように、活かしましょう!




















posted by uch at 10:42| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。