2012年02月02日

第二回

構造見学会@浄泉寺・・・

今回は、火災で焼け残った向拝の部材を再利用するあたり。


IMG_4360.jpg
これね。「垂木が成を増して破風板になる」というのが、理解して
図面は描くけど実物を施工中に見たかったンよな。縋るあたりも。
よくわかりました!!


IMG_4363.jpg
「ここのね、裏甲がとめになるところがね・・・」


IMG_4365.jpg
すごい!水が廻っても下りて来るように削いである!
組みあがると見えない、まさに「裏技」(笑


IMG_4366.jpg
はねぎで茅負いを受ける部分、際に楔が。
「アリになっとんよ〜これで抜けんでえねえ」
金物なんか(ほとんど)ない、木と木で組み上げる軒廻り。




IMG_4368.jpg
透けまくりの木鼻。目の込んだ欅は色がまた違うなあ。


IMG_4369.jpg
この、蟇股と虹梁の裏側は・・・
(蟇股の上が微妙にすいてますが、「瓦が乗ってないけんなあ。瓦が乗って、
マス組みに荷がかかって締まっていくと、ちょうどになるンよ〜」とのこと)

IMG_4371.jpg
龍そして龍!!




当代中山さんのお父さん、おじいさんはともに、日本で数少ない
巻き龍を彫れる宮大工です。当代中山氏ももちろん受け継いでます。

ほうじゃ050にいい記事ありました!







中山さんのコピー.jpg
これ!(笑


IMG_4372.jpg
IMG_4373.jpg
IMG_4378.jpg
それぞれ別人、というか別龍!!(笑




IMG_4392.jpg
「反ったもんをころばすとね・・・」


IMG_4393.jpg
「こう、出るわけですよ」


IMG_4394.jpg
「こう、縒り墨打つンよね。」(糸を縒る手振りで)
「どれくらよったらどんだけカーブするか、経験よね全部。」
・・・天野さんと、ただただ感心するばかり(笑


IMG_4397.jpg
高井さんもいろいろ教えてくれる。


階上では高井さんの息子さんをはじめとする若い大工たちが、
年配の宮大工達の背中を見ながら仕事に励んでます!!


雨で、上から見えなかったのは残念やけど、
「図面があるから建つ」んじゃなくて、
「アタマンナカにはいっとルけど、便宜上図面も必要」
な、「設計者が学ぶ場」やなあ。建築を。社寺って。幸せ!




「フクシマトクシマの会」ブログはこちら
先日訪れて街並みを堪能した鞆浦のあたりです・・・







posted by uch at 21:05| 徳島 ☁| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。