2012年06月13日

卒業すると

二級建築士の試験を受けられる建築系カリキュラムの編成
が来年完成する高専。

そのなかで今年から担当させていただいている「建築史」。

もちろんぜんぶ習ったはずやけど、だいたいあんまり学校
いってないので「点」でしか知らないことばかりが、教え
ながらあらためてつながっていって、「ほうなんやな」と
思うことばかり。ほんま勉強になります。

今年の生徒達はその建築系コース生成途中になるんやけど、
けっこうたくさん受講してくれている。先日のツアーにも
ほぼ全員参加してくれてました。

建築史 中間試験.pdf

難易度は、授業聞いてれば答えられることばかりのはず。

採点をご希望の方は90分以内で解いて、お送り下さい(笑



「フクシマトクシマの会」ブログはこちらから。
夕べの辺見さんとの電話・・・









posted by uch at 08:54| 徳島 ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

新聞でも

テレビでもラジオでも、「おかしい」「おかしい」と
言っているし、国民の多くも「おかしい」と思っているのに
本当に再稼動するんだろうか。そんな国なんだろうか。


posted by uch at 08:11| 徳島 ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

「国民」

どころではなく地球規模の話なのに、
一首相が「私の責任」なんてこと言うこと自体とてもとても滑稽。

「どうやってもカンペキな安全は確保しようがないから、なんとか
電気を使わない方向で国を挙げてがんばりましょう」というのが今
一首相が「言ってもいい」ことではないか。

昨日今日といろんなところでいろんな話がされている中、こんな
一ブログもちゃんと声を上げようと思います。

電力抑制で打撃をくう大中小の企業も、それを構成しているのは同じ
一地球人のあつまりなんやけん、

「会社の意思」のような本来実在しないモノに動かされて、たしかに
一社員としてはなにもできようがなかったけど

「あのときなんで止められなかったのか」と、後悔しないようにしたい。
またフクシマがおきてからでは遅すぎる。






posted by uch at 08:26| 徳島 🌁| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。