2013年05月10日

建築家

Nさんのお通夜にいってきた。

わいって徳島にもんてきて14年目?かな?
お会いしたん、10回に満たんだろなあ。

多分直接会話もしてないな。

三度ほどNさんが話すのを聞いたことあるな。
鮮烈な印象があるな三度とも。

「環境なんていよるけどかっこだけちゃうん?」
「あの店のカウンター、高さおかしいわ。下げなあかん」
「どんどん駐車場になったらええ。街がきれいになる」
上の二つは設計者に対して。
下のは設計者の集まった会議で。

これらの言葉もその前後の言葉も、わいの記憶から
捏造しとるおそれはあるけど、こんなようなニュアンス
だったと思う。

まわりの空気を凍りつかせながら、しかし、
みんな心に引っかかって、結局はいろいろ考え直して
みる機会になるというか。

今日近くに座った方からNさんの言葉集のようなものを
いただいた。

建築という言葉は出てこなくても、14編の短文
全てに建築への想いが溢れとる。

しみるお通夜でした。






posted by uch at 20:50| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。