2013年07月18日

はじまってます



F-01A画像 001.jpg
移転工事

完成するとこの景色は見えんのやけど(笑

天井高さ4m。うれしいなあ。
一部物置でロフトあり。

正面のむこうの壁はパあっ!と明るくなります。




今までいったいいくつお施主さんと一緒に選んだンかなあ。
いろんな色や形があるのでご覧下さい「大谷焼たち」。

初めて自分らのために選ぶ森陶器の大谷焼。


F-01A画像 002.jpg
右上のんに決めました。

行雄さんありがとー!!!






posted by uch at 21:52| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝一番、

久しぶりの東京カテドラルから、イチンチ建築めぐり。
前日JIA広報委員会に一緒に出席した鳥羽さんと一緒に。



何年ぶりかの岡本太郎記念館。
びっくりしたなあ。

岡本太郎の壁画に、福島原発事故を、岡本太郎調の表現で
描いた絵を置いた事件の映像が古いテレビから流れている。

アトリエに行くと、その、置かれた絵そのものが展示されて
いて、その絵のためのエスキスが床に散乱している。

聞き取りにくい音声が流れていたけどそれも関連のものかな。

この絵を置いたグループを、岡本太郎側、というかこの記念館側
が認知して、岡本太郎記念館を「提供」していることに、
最初にTV見て気付いて、なんともいえない気持ちになったなあ。

絵を置いたことを、なんちゅうことを!いう感じでTVでは報道
されてたけど、岡本太郎が生きてたら、少なくとも怒りはしない
だろうし、フフンと笑顔にすらなったかも。岡本太郎の壁画への
冒涜というよりも、原発事故に対する表現なわけやし。

岡本太郎はいないわけで、岡本太郎記念館の方が、やった当人と
岡本太郎を引き合わせて、しかも、彼らの展覧会を開かせるて。

展覧会という品よくかしこまったものではなかったな(笑

ざわざわと人の気持ちに踏み込んできて、ふだんおさえている
部分というか、なんというか、かきたてる作品群。

chim↑pomいうんですねこのグループ。
検索したらこの展覧会のコトがすっと出てきた。


館長さん。すごいなあ。
いきさつが書かれています。

展示スペースに、誰かが居るような、籠っているような。
「こわい」展覧会でした。



130718.jpg
これが例の絵です。生々しすぎて直視しにくいので反転。
岡本太郎が使っていたアトリエに展示してあるんですよ?
これも、こわかったなあ。


posted by uch at 09:05| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。