2013年10月06日

えーと。

かっこいいからこうする、ではなくて、
外部の条件から決まっていくコトとは別の、
こう見られて評価されたいからこうするのでもなくて。

あらまほしき姿、とか
こうあってほしい、とか
こうありたい、とか。

自然治癒力、自己是正力、みたいな、自発的に
うまくかたちになっていく力、みたいなもんが、
あると思う。

そういうことをスムースに引き出すような設計が
理想的やなあと思うなあ。

原初の力、というか、原始の力、というか、あ、
原始力!原子力ではなく!と、思いついて、これは
絶対誰か言よるだろなと思ったらやはりあった(笑
原子力からの脱却という文脈での活動やなやはり。

でもちゃうんよこの「原始力」は。
もっとええ言葉無いかな。

「なんとなくええかんじになる能力」は何にでも備わって
いるけど、それを純粋培養する設計力、みたいな言葉。

長っ!(笑

そんな感じを良し悪しの尺度にしていったらええんかなあ
とか、ぼんやりはっきり思う今日この頃・・・。







posted by uch at 11:37| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。