2013年11月15日

「ゆるゆるの会」

万年山文庫周辺でそのような名前の会、活動が
続いていることはなんとな知ってはいました。

メンバーの方々が海部観光社員寮「仮設住宅試行」
に興味を持ってくださっているという話も春あたり
からお聞きしてましたがこのほどやっとご案内する
ことができました。

ご自分が在宅介護をしていたり、ご家族の世話を
されていたり、ホスピスを実際に作ろうと動かれて
いる方がいたり、多彩なメンバーのみなさん。

ケヤキを中心に風車配置された風社ハウスが、
会のみなさんがいろいろとイメージされている
「とも暮らし」のかたちを具現化するための
ヒントになるのでは?ということで。

くわしいレポートが万年山あるじのブログに。

久しぶりに会長にも会えて、一日通じていろいろ
みなさんと話ができて、暖かい気持ちになったな。






posted by uch at 10:36| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。